ファッション

外しちゃダメ!甘めファッション&メイクのポイント

投稿日:

甘めファッションとメイクのポイントをご紹介します。

甘めファッション

まずはファッションからです。甘めファッションのポイントは、女性らしいコーディネートにすることが大切です。

 

具体的にはワンピース、スカート、花柄、レース、フリル、ファー、淡い色、デニムなどを取り入れると甘めファッションに仕上がります。では、いくつかコーディネート例をご紹介します。

 

白ベースの花柄ワンピースにピンクのヒール、淡いベージュのバックというコーディネートです。この甘めコーディネートのポイントは、淡い色と花柄を取り入れているところです。

 

白とピンクの組合せは甘めファッションの王道ですよね。あえて濃い色を使用せず、淡い色でコーディネートすることで、全体的に見て、ふんわりとした印象で可愛く仕上げることができるわけです。

 

逆に濃い色を取り入れると、主張が強く出てしまうので、はっきりとしたメリハリのある印象を与えます。でもこの印象のおかげで全体のコーディネートを締めてくれると言った役割もあります。

 

また、花柄を取り入れることで可愛さがアップしたコーディネートになるのでおすすめです。他には、ラベンダー色やイエローのオフショルダーにデニムのスキニーパンツ、キャメルのバックとパンプスというコーディネートはいかがでしょうか。

 

デニムのスキニーパンツは少しロールアップさせるとGoodですよね。このコーディネートのポイントは、デニムパンツとオフショルダーです。

 

オフショルダーで女性らしい首元のライン、鎖骨ラインを出しているところと、デニムパンツで爽やかで甘めなコーディネートの印象になります。

 

また、白の袖がレースになっているブラウスに赤のミモレ丈のフレアスカートとバックとパンプスというコーディネートもいいですよね。このコーディネートのポイントはレースとフレアスカートを取り入れていることです。

 

寒い時期はこれにトレンチコートを羽織ってもいいですね。レースはデザインと透けた肌が女性らしい可愛さを演出してくれます。そこに赤のフレアスカートでパッと華やかな印象になるので好きなコーデの一つです。

 

 

甘めメイク

 

甘めメイクのポイントをご紹介します。アイラインはタレ目に、まゆげは自然体で、チークはピンクでほんのり、リップはグロスをたっぷり塗ると甘めメイクの完成です。

 

メイクは全体的に濃くならないのがポイントです。まずは、肌質はかさつき防止に保湿はしっかりしましょう。それからシミや毛穴が目立たないようにコンシーラーやパウダーでカバーします。

 

続いて目ですが、タレ目になるようにラインを書きましょう。長く書きすぎないのがポイントです。目尻から2、3ミリくらいまで下げめにラインをかきます。

 

ピンクやラベンダー色のアイシャドウやライナーを使っても甘めメイクになるのでいいですね。アイシャドウはブラウン系でグラデーションしましょう。まつげですが、ビューラーでしっかり上げたらマスカラは濃くならない程度に塗りましょう。

 

つけまつげはつけなくていいと思います。まゆげは自然な感じに仕上げたいので、ふんわりとラインを書いたらはみ出した毛はカットします。ラインは、眉尻の方が上がるとキツい印象になるので上がりすぎないようにしましょう。

 

チークはピンク色で頬にふんわりと色をつけます。濃くなりすぎないように注意することがメイクのコツです。最後にピンク色の口紅をつけて、グロスをたっぷりのせれば甘めメイクの出来上がりです。

 

チークとリップをピンク色でご紹介しましたが、オレンジ系の色でも甘めメイクになります。チークの色の選び方のポイントは、肌の色が白めの方はピンク色を、黒めの方はオレンジを選ぶと肌に馴染んで自然な仕上がりになります。

 

ぜひ参考にしてみてください。ご紹介したコーディネートやメイクの他にも甘めに仕上がるファッションやメイクがあるので色々試してみて、自分に合うものを探してみるのもいいですね。

 

 

-ファッション
-,

Copyright© トレンドファッションコーデ&福袋 , 2017 AllRights Reserved.