ファッション

日傘の色って何色がいいの 黒?白?赤?その答えは!

投稿日:

女性の方にとって、春から夏は紫外線が気になる季節ですよね。皆さんは、紫外線対策はどのようなことをしているのでしょうね?一般的に日焼け止めや帽子など色々ありますが、おそらく、多くの方が日傘を利用していると思います。

 

では、日傘の色はどのように選んでいますか?好みで選ぶ方が多いと思いますが、実は、日傘の色は結構重要なんですよ。結論から言いますと、『UV加工がされている日傘なら色はなんでも大丈夫です。』しかし、UV加工されていない日傘の場合は別です。

 

UV加工がされていない日傘の場合は、『濃い色の日傘の方が、紫外線をカットする割合は高いです。』ですから、タイトルのように黒、白、赤の場合は、紫外線カットの割合が高い順に、黒、赤、白となります。黒が断然、紫外線をカットしてくれるのでおすすめです。

 

では、なぜ黒が紫外線カットの割合が高いのか、ご説明します。黒は、光を吸収して紫外線をカットします。だから、黒いものは熱くなりますよね。それは、光を吸収する働きがあるからです。白は、光を反射して紫外線をカットします。

 

しかし、白の日傘の場合は、繊維の隙間から紫外線が入ってきてしまうので、紫外線対策として白の日傘は十分とは言えません。例えば、黒の日傘をさして街にお買い物に出掛けたとします。街には、ビルなどの建物もありますし、地面はアスファルトになっています。紫外線は建物や壁、アスファルトにも反射して私たちが浴びてしまいます。しかし、黒の日傘なら内側でも、建物や壁、アスファルトに反射した紫外線も吸収してくれるので私たちが紫外線を浴びることはありません。

 

しかし、白の日傘をさして同じようなところに行ったとします。建物や壁、アスファルトからの照り返しを白の日傘は反射してしまうので、私たちがその反射した紫外線の影響を受けてしまうことになります。なので、色が濃い日傘が紫外線をカットする割合が高いということです。

 

 

 


 

 

 

では、そのUVカットされた日傘についてもご説明したいと思います。UVカット加工は、日傘の染色の段階でUVカットの薬品を混ぜて染色します。なので、色は白でも黒でも関係なく、UVカット効果は変わりません。しかし、このUVカット効果に期待された日傘の取り扱いには注意が必要です。UVカット加工がされた日傘は、きちんと手入れをしていれば2、3年UVカット効果は変わらず使用することができます。しかし、手入れが不十分だと効果は2、3年持ちません。

 

手入れについてですが、汚れたら拭き取り、暗い場所で保管するようにしましょう。また、持ち歩いていて、服や他のものと接触することが多いのも効果が落ちやすいので注意が必要です。日傘も、大切に扱うようにしましょう。

 

また、UVCUT加工されていない日傘でも、紫外線カットの効果のある日傘を選ぶことができます。それは、日傘の生地の素材です。黒のポリエステルの場合、素材そのものが約90%の紫外線カットの効果があります。

 

他には、生地はなるべく厚いものを選ぶとよいでしょう。厚い生地の日傘は、紫外線カットも期待度バッチリです。また、生地が厚いので丈夫で、紫外線カットの効果も落ちにくいという特徴があり、長く使うことができます。

 

まとめ

参考になりましたか?日傘を選ぶポイントは、

 

 

1、UVカット加工がされた日傘を選ぶ。

2、色は、濃い色を選ぶ。

3、日傘の生地は、ポリエステル。

4、厚い生地を選ぶ。

 

 

この4つが日傘での紫外線対策には大切です。当然ながら、日焼け止めを塗ることも紫外線対策には重要です。『日傘+日焼け止め』で紫外線対策は更にアップすることになります。

 

また、柄のある日傘を選ぶ時にも注意が必要です。UVカット加工がされている日傘以外を買うのであれば白やパステルカラーの色が多いより、濃い色が多い柄物の日傘を選ぶと紫外線カット対策は効果があります。これらを参考に、お好みの日傘とお出掛けを楽しんで見てくださいね。

 

-ファッション

Copyright© トレンドファッションコーデ&福袋 , 2017 AllRights Reserved.