ファッション

ワイドパンツは丈の長さで印象が変わりますよ!

投稿日:

ワイドパンツは2017年もトレンドのアイテムですよね。今年らしい少しゆったりとした履き心地ですが、スマートな印象で女性らしさもあり、1枚は持っておきたいアイテムのひとつです。

 

ワイドパンツは太もも部分からゆったりとしたシルエットになっていて、ゆったりとしているのにゆっくりしすぎないシルエットが着痩せ効果もあります。

 

コーディネートもカジュアル系からきれい系まで幅広くコーディネートを楽しめるアイテムなので、おすすめです。

 

そんな、ワイドパンツですが、丈の長さで印象が変わってきます。マキシ丈のワイドパンツがほとんどですが、丈が少し短くなったワイドパンツもあるんですよ。

 

今回は、ミディ丈(ちょうど膝が隠れるくらいの長さ)、ミモレ丈(ふくらはぎくらいの長さ)、マキシ丈(くるぶしくらいの長さ)に分けて、コーディネートと一緒にご紹介したいと思います。

 

 

ミディ丈

まずは、ミディ丈です。ミディ丈は膝が隠れるくらいの長さのことを言います。

 

足で一番太い人ももが隠れていて、足で一番細い足首が見えます。一番細い足首を見せることで、足全体を華奢に見せてくれるので着痩せ効果があります。

 

印象としては、足が華奢に見えて足の見える面積も広いので軽やかな印象になります。では、コーディネートもご紹介します。

 

コーディネートは、ミディ丈はトップスもゆったりしたボリュームのあるシルエットと合わせるのが今年のトレンドなのでおすすめです。

 

ボトムスが長いと印象が重すぎるので、このトレンドの初心者の方はミディ丈から始めるのがいいと思います。

 

白のTシャツにベージュのロング丈のジレを羽織り、ワインレッドのミディ丈のワイドパンツを合わせてみてください。大人っぽい落ち着いたコーディネートになります。

 

 

ミモレ丈

続いてはミモレ丈のワイドパンツです。ミモレ丈は、ふくらはぎくらいの丈の長さのことを言います。ミモレ丈のワイドパンツは、落ち着いた印象になります。

 

ミモレ丈もミディ丈同様、細い足首が見えていることで足全体を華奢に見せてくれます。足首が程よく見えていて、露出も少なめなので落ち着いた印象になります。

 

では、コーディネートです。コーディネートは、白のシャツを抜き襟(襟を後ろに引っ張ったシャツの着方)をします。

 

ボトムスは、くすんだピンクのミモレ丈のワイドパンツと合わせてみてください。シャツは少し腕まくりをします。

 

大人可愛い落ち着いたコーディネートなので、仕事にも着ていけそうですね。抜き襟と腕まくりでこなれ感がでて、おしゃれにも見えますね。

 

靴は、先の尖ったパンプスと合わせれば、仕事にぴったりのコーディネートの完成です。

 

 

マキシ丈

最後はマキシ丈のワイドパンツです。マキシ丈は、くるぶしくらいの長さの丈のことを言います。

 

マキシ丈のワイドパンツはミディ丈やミモレ丈とは違い、少し重たい印象になります。足首が見えていないので、肌の露出がないためです。

 

では、コーディネートです。コーディネートは、タンクトップで袖にフリルが施されたブラウスにグレーのマキシ丈のワイドパンツです。

 

足の露出がないので、トップスは肌を出した方がボトムスの重たい印象がなくなり、コーディネートのバランスがとれます。

 

また、靴も足の甲がなるべく出るようなパンプスにすると足長効果もあるのでおすすめです。このコーディネートでポイントなのが、ボトムスの色です。

 

重たい印象になりがちのマキシ丈は、暗めの色は避けましょう。明るめの色を取り入れることで、その重たい印象を和らげる効果があります。

 

 

まとめ

参考になりましたか?ワイドパンツの丈の長さでどう印象が変わるかをご紹介しました。

 

これを参考にして、好みの丈の長さのワイドパンツを手にしてコーディネートを楽しんでみてください。

 

 

-ファッション
-

Copyright© トレンドファッションコーデ&福袋 , 2017 AllRights Reserved.